アルバイトの従業員満足度向上は重要!モチベーションが下がる原因とは

Posted by Sync Up on 2021/07/12 16:11:22

この記事では、アルバイトの従業員満足度の重要性や向上させるメリット、モチベーションが下がる原因について紹介していきます。

・アルバイトの従業員満足度って重要?

・モチベーションを上げるためにはどうすればいい?

・アルバイトのやる気がなくて困っている…

 

このような悩みはないでしょうか?
健全な職場環境をつくりたいと考えている人は、ぜひ参考にしてみてください。

関連記事 >> アルバイトの定着率アップ!早期離職を減らす方法!

 

採用前後の条件相違とは?

 

 

従業員満足度とは?


 

アルバイトのモチベーションアップやお店の業績をのばすためには、従業員満足度の向上が必須です。そのため、まずはじめに「従業員満足度」について正しく理解しておきましょう。

 

従業員満足度は重要?

結論から言うと従業員満足度は、店舗運営において非常に重要です。

そもそも従業員満足度とは、福利厚生や社内の人間関係、給与、働きがいなどの要素から社員の満足度を表す指標のことです。直訳すると「Employee Satisfaction」となり、ビジネスシーンでは頭文字をとって「ES」と呼ばれることもあります。

近年では働き方改革が本格的にはじまり、従業員満足度の向上は店舗責任者が取り組むべき重要な課題と言えるでしょう。また、従業員満足度が高い企業は、生産性も高くなる傾向にあるので、結果的に顧客満足度の向上にも繋がります。


 

アルバイトの従業員満足度を向上させるメリット

アルバイトの従業員満足度を向上させる主なメリットは、以下の3つです。


・生産性の向上

・離職率の低下

・顧客満足度の向上

 

従業員満足度が高まることで、個々のモチベーションが上がり、チーム全体の生産性向上に期待できます。モチベーションの高いチームは人間関係にもいい影響を与えるので、自発的な行動や、率先的に問題に向き合うといった、主体性のあるアルバイトが増えるでしょう。

また、従業員満足度の向上は離職率の低下にも役立ちます。「長く働きたい」と思ってもらうことで、優秀なアルバイトを確保しやすくなり、新人教育にかかるコストも抑えることが可能です。

チーム全体の生産性の向上や離職率の低下は、顧客満足度の向上にもつながります。従業員満足度の高い店舗のアルバイトは、自社の商品やサービスについて深く理解してくれるので、顧客からの印象も良くなるでしょう。

 

 

なぜアルバイトをしているのか?を理解する


 

アルバイトの従業員満足度を向上させるためには、アルバイトをする理由を知っておきましょう。
アルバイトが働く目的を理解することで、従業員たちの求めていることがわかるようになります。

 

お金を稼ぐため

ほとんどの人のアルバイトをする理由が「お金を稼ぐため」です。

学費や生活費のため、欲しいものがある、貯金したいなど、お金を稼ぐ理由は人それぞれですが、基本的にアルバイトはお金のために働いていると思っておきましょう。

お金のために働いているので、お店の都合で働ける時間を減らしたり、「いい経験になるから」といってキツい仕事を任せることは、アルバイトからすれば大きなストレスになります。
特に勤務時間の削減は、学費や生活費のためにアルバイトをしている人にとって死活問題です。

「やりがい」を求めて働いている人は、あくまでも少数派であることを知っておきましょう。

 

スキルを磨くため

スキルを磨くためにアルバイトをしている人もいます。将来の夢や目的がはっきりと決まっている人が、スキルを取得できる環境でアルバイトをすることは、確かに合理的な選択です。

本人のやる気次第ですが、業界のノウハウやコミュニケーション能力、接客スキルなど、アルバイトでもスキル習得は可能でしょう。就活時にアルバイトのことを話す学生も多いので、就活の武器を身につけるために働いている人も多いです。

学生にとってアルバイトは社会に出る前に、お金を稼ぐことの厳しさや、働くことの重要性を知れる貴重な経験になります。

 

人脈を広げるため

アルバイト先と同じ業界で働きたいと思っている人は、人脈を広げるためにアルバイトをしている場合もあります。また、人脈を広げるために社員たちと良好な関係を築いて、そのままアルバイト先に就職する話もよくあります。

歳の離れた世代と交流できることや、企業とのコネクションを獲得できることは、アルバイトならではのメリットです。学生に多い理由ではありますが、人脈形成にまったく興味のない人もいます。すべての学生が、人脈を広げたいわけではないことも、覚えておきましょう。

 

 

アルバイトの従業員満足度が下がる原因3つ


 


アルバイトをする理由は人それぞれ違いますが、どんな人でも「どうせ働くなら楽しく働きたい」と考えています。しかし、それでもモチベーションが下がってしまうときはあるでしょう。

では次に、アルバイトの従業員満足度が下がる原因について紹介していきます。

 

人間関係が良くない

アルバイトのモチベーションが下がる大きな原因の1つが「人間関係」です。厚生労働省の調査によると、転職者が前職を辞めた理由の3位が「職場の人間関係が好ましくなかった」となっています。
(2019 年(令和元年)雇用動向調査結果の概況:厚生労働省)

退職の理由に直結するほど人間関係は、アルバイトの従業員満足に関係しています。アルバイト先はたくさんあるので、嫌いな人がいる職場で無理に働く必要はありません。アルバイトの働きやすい職場環境をつくることも、店舗運営において重要な仕事です。



プライベートの問題に影響される

アルバイトとして働いている人は「仕事よりもプライベートの方が重要」と考えている人が多い傾向にあります。そのため、プライベートの問題に影響されて、アルバイトへのモチベーションが下がることもあるでしょう。

友人との関係悪化や失恋など、仕事にまったく関係ないこともあるので「モチベーション低下=職場に不満がある」とは限りません。

 

シフト希望が反映されていない

アルバイトからすれば、シフト希望が反映されていないことは、非常に大きな負担になります。
残念ながらシフト作成の「大変さ」を、考慮してくれる優しいアルバイトは少ないでしょう。

もちろん、アルバイトのシフト希望を、すべて反映することは現実的ではありません。
そのため、多少の融通を聞いてくれるだけの、信頼関係を構築しておくことが大切です。

 

アルバイトの従業員満足度を向上させるには?


 

それでは最後に、アルバイトの従業員満足度を向上させるための方法を紹介していきます。

アルバイトの従業員満足度は店舗の業績にも関わるので、店舗運営を任されている人にとって非常に重要度は高いと言えるでしょう。

どんな業種でも使える汎用的な方法を3つ紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

 

アルバイトの育成・教育

従業員満足度の関係ないと思う人もいるかもしれませんが、アルバイトの育成、教育は「自分は必要とされている」という心理を働かせて、仕事への取り組みが前向きになります。

お金を目的に働いている人が多いのは事実ですが、自分の能力が向上して嫌な気分になる人はいないでしょう。職場全体の従業員満足度を向上させたいと考えているなら、アルバイトの育成、教育に力を入れることをおすすめします。

 

アルバイトの話を聞く

特定のアルバイトの従業員満足度を向上させたいと考えている人は、しっかりと本人と向き合いましょう。アルバイトも同じ職場で働く同じ従業員です。

定期的に面談するなど、正社員と同じ対応にするだけでも、十分に効果があるでしょう。

 

店舗の目標を共有する

当たり前ですが、正社員の方がアルバイトよりも責任能力は高いです。しかし「君はアルバイトだから〜しなくてもいいよ」このような発言は、アルバイトのモチベーションを大きく下げます。

人によって責任の大きさは違いますが、同じ目標を共有することで「仲間意識」を持たせることが大切です。アルバイトの人数が多い場合は、少人数のチームごとに目標を設定してもいいでしょう。

 

まとめ:アルバイトの従業員満足度を向上させるには?


 

今回はアルバイトの従業員満足度の重要性や向上させるメリット、モチベーションが下がる原因について紹介しました。

アルバイトの従業員満足度は、チーム全体に影響して店舗のパフォーマンスに直結します。また、アルバイトの離職率を下げるためには、従業員満足度の向上が長期的に見ると必須です。

職場環境に悩んでいる人は、この記事で紹介した方法をぜひ参考にしてみてください。

 

採用前後の条件相違とは?

Topics: スタッフ管理

新規CTA

人気の記事